声優や司会者を目指すなら専門学校で学ぼう│育成GOODボイス

就職サポート制度は大切

あっという間に過ぎてしまう

歌

専門学校で学ぶ期間は思っている以上に短く感じるという人が多く、気づいた時には就職活動が始まっていると言われています。学ぶ期間が2年間であることに加えて、その期間で声優の基礎から応用まで深く学ぶ必要があるので、学習に費やす時間が多いというのも専門学校生活が早く感じる1つの要因です。実際に声優を目指して専門学校で集中的に学んだのであれば、その技術や知識を上手く活かす為にも希望の就職を実現することが大切なので、就職サポートがしっかりした学校を選ぶのが良いでしょう。専門学校によって就職サポートは違いますが、就職率が高い学校や声優事務所などの声を活かせる場所と連携している専門学校であれば、希望の就職先に就きやすいといえます。

サポート内容

専門学校によってサポート内容は違いますが、声優を目指す場合は、オーディションサポートやインターンシップなどの制度を設けている学校を選ぶのが良いでしょう。声優は個人で活動をしていくのが一般的ですが、沢山のオーディションを受ければ受ける程企業側からスカウトされる可能性が高くなります。こうしたオーディションを活用して、在学中に声優としてデビューを果たせる人もいます。加えてインターンシップを活用することで、その企業にそのまま採用してもらえる場合もあるので、就職サポートをチェックするときにはインターンシップや声優オーディションなどの有無は確認しておくと良いでしょう。他にも専門学校によっては企業説明会や面接マナー、就職相談などを行なっているところもあります。