声優や司会者を目指すなら専門学校で学ぼう│育成GOODボイス

設備や講師陣を確認

設備や施設の状態確認

歌

声優の仕事は、通常の一般企業で働く仕事とは違い、様々な機械を利用して映像やシーンに応じて声の使い方も変える必要があります。知識に加えて実際に活用できる技術も備わっていることが大切なので、専門学校でどれだけ実践的なことを学べるかが肝心です。そのため、専門学校を選ぶときにはできるだけ設備や施設の状態は確認しておくのが良いでしょう。設備が備わっている専門学校であれば、基礎から応用まで幅広い声の出し方を学ぶことが出来る他、幅広いジャンルの声優について学ぶことができます。大手の専門学校や比較的新しい専門学校の場合は設備が整っているケースが多い傾向にあります。

講師陣で変わる

設備に加えて声優の専門学校選びで重要なのが講師陣で、学科が同じだからといって同じ講師の元で学ぶわけではありません。必然的に学ぶ内容は違ってくるので、専門学校の講師は確認しておくと良いでしょう。声優のプロとして最前線で活躍している人や、その道のエキスパートと講師として招いている専門学校であれば、仕事で活かすことができる技術を身につけることができます。カリキュラムが充実していたとしても、実際に教える講師がしっかりしていなければ技術を上手く身につけることができないので、ホームページやオープンキャンパスなどを利用しながら、どのような講師がいるか、どのような講義をしているかチェックしておくと良いでしょう。特にオープンキャンパスは実際の講義風景などを見ることもできるので、学ぶイメージがしやすいといえます。